ビジネスに恋愛に生きる力に効く落語力を身につけるためという、目的だけは立派な中身はゆるい記事を書いてます。

古典落語「宮戸川」は前半と後半に分かれている噺ですが、通常は前半だけ演じられます。
というのは、後半は「拐かし」の描写があることと、サゲがイマイチということで、演じる人が少ないようです。
前半で終わる場合は、「…と、こっから先は本が破れて」という粋なサゲ。そんな「宮戸川」に学ぶ、女から仕掛ける恋の話。

落語に出てくるといえば、長屋の住人に職人、お店の若旦那というのがお決まりですが、お武家さま、お侍さんも出てきます。
講談なら「すらり抜いたる氷の刃」ってんで、いかにも武士らしい立身出世のストーリーが多いお侍さまですが、落語となると何故だか締まらない、町人に莫迦にされる話がお約束でございます。
それには理由があるわけで、体制批判だけではないのです。

創作・プロット、その他コンテンツの文章・タイトル・企画につきましては、全て作者:櫻庭由紀子に帰属します。
無断転載・無断使用は固く禁じます。

O I DE MA SE !

櫻庭由紀子の原作創作サイトですおいでませ。

時代小説、創作落語とシナリオ執筆、その他IT・ビジネス・ライフスタイル・文化芸能系の取材ライターを行っています。

Joomla!デバッグコンソール

セッション

プロファイル情報

メモリ使用量

データベースクエリ